「部屋が散らかっても一瞬にして片付けることが

できたらいいだろうな」と思ったことはありませんか?

そんな事ができたら片付けで悩む事はなくなるのですが、

夢のような方法は残念ながらありません。

 

現実的に「散らからない部屋」にする方法は今のところ以下の2つ

かなと思っています。

1.定位置・定品・定量

2.気がついた時にすぐ動く

それぞれ解説しますね。

 

1.定位置・定品・定量

決まった物を、決まった量、決まった位置に置くことを

表した言葉です。

この時、定品・定量の「数」をできる限り減らすことが

散らかる可能性を減らすことにつながります。

物が多いなと感じたら、見直してみて下さい。

 

2.気がついた時にすぐ動く

「シンクに食器が溜まっている」

(面倒臭いから後にしよう)

「床に脱いだ服が置いたままになっている」

(どうせすぐ着るからそのままでいいや)

結局のところ、この小さな瞬間の自分との戦いが

「散らからない部屋」の分かれ目になると思います。

この瞬間、すぐ動けるか、動けないか。

ご家族がいる場合は自分との戦い以外の要素

も含まれてきます。話し合いが必要になる場合もあるかも

しれません。

その瞬間は「面倒臭い」と思って

やりたくない気持になるかもしれませんが、

長い目で見ると片付けてしまった方が楽ですし、

散らからない部屋を実現できると思います。