暑くなってきました。
お家の中でも熱中症が心配な季節です。
スタッフには、喉が乾いたと感じる前に水分を取るように伝えています。
お客様も心配していただいて、お仕事を終わった後に「麦茶」をいただくことがあります。
お仕事が終わった後の「麦茶」は最高に美味しいです。
水分が体に染み渡っていくのを感じることができます。
いつもありがとうございます。

話は変わりますが、最近うちの近くで、午前中の早い時間によく鶯が鳴いてます。
鶯は、なんとく春に鳴くというイメージがあったので、
最初は「へー、6月でも鳴くんだ」くらいに思っていたのですが。

鶯といえば、「ホーホケキョ」が定番の鳴き方ですよね。
ところが、ある日「ホーーーーー、ムギチャ」と鳴く鶯が一羽現れました。
(なぜか、ホーの部分が長めです。)
最初は、聞き間違いかなと思ったのですが、何回か聞いても
やっぱり「ホーーーーー、ムギチャ」と鳴いています。

こんな時は、すかさず「ホーーーーー、ムギチャ」でググってみたのですが、
全くひっかかりませんでした。
村上春樹の小説『ねじまき鳥クロニクル』に「ギリギリ」とねじをまくように
鳴く架空のねじまき鳥という鳥が出てくるのですが、まさか架空の鳥!?

まー、でも一匹くらいムギチャと鳴く鶯がいてもいいっかと思って、最近は考えてもしょうがないことは考えるのを止めて、
「ホーーーーー、ムギチャ」を楽しんでいます。
「ムギチャ」と鳴く部分の響きがとてもかわいいんですよね。
「ギ」のところにアクセントがある感じです(笑)