先日、定期的に行っている自宅のトイレ掃除の間隔を少し「先のばし」してしまいました。

「やらなければ」とは、わかっているのですが、どうしても体が動きません。

こういう時頭の中では、「このやりたくない気持ちも、きっと仕事で役にたつはずだ」と

言い訳をこしらえ、やり過ごします。「まずいな」とわかりながら・・・・。

 

しかし、トイレは毎日必ず使う場所です。「先のばし」している分、トイレに入る度に

現実的にその汚れが目に入ってきます。ほんの小さいものですが、毎回落ち込みます。

そして、これが、積み重なってくると、気持ちがイライラしたりなかなか厄介になってきます。

 

そんな訳で、やっぱりどこかのタイミングで「このままではマズイ」と思い、トイレ掃除を

行いました。

おそらく「先のばし」していた分のせいだと思うのですが、トイレ掃除をした後の「美しさ」に

「ずいぶんと、きれいになったな」と、ビックリしました。

もちろん「罪悪感」もきれいサッパリなくなりました。

 

掃除は、「心も掃除する」とはよく聞く言葉です。

ですが、今回改めて気がついた事は、その前に「視覚の効果は大きいな」です。

シンプルに「汚れていると気持ちがイライラする」し、「キレイだと気持ちがスッキリする」状態に

なって、自分でも「わかりやすいな」と思いました。

トイレだけで、こうですから、家全体と考えたら、「うーん」と唸ってしまいます。

 

まあこう考えると、やっぱり「掃除は定期的に行ったほうが良い」ということになります。

が、問題はそう単純ではなく、「わかってはいるけど、体が動かない」時があることですね。

人間だもの。(困った時の、相田みつを頼み)

この解決方法は・・・・。

色々あると思いますが、結局のところ自分自身で答えを見つけるしかないですね。