私は、掃除が好きです。
自分でも呆れてしまうくらい、「掃除が好きなんだな」と思うことがあります。

それは、全く掃除のことを考えていない時に思うのです。

先日、弟とプライベートで焼肉を食べていました。
私たち兄弟は、二人ともかつてバスケットボールをしてましたので、
焼肉を食べながら、その話で盛り上がっていました。

話の途中で、私はトイレに行きたくなりました。
トイレで用を足し、手を洗いながら、席に戻ったら「バスケの続きの話をしよう」と思った瞬間でした。

「洗面台の排水溝にピンク色の汚れが出来ている」

一瞬にして、頭が「掃除モード」に切り替わりました。
少し専門的な話になってしまうのですが、湿気の多いトイレや洗面台だと、
洗面台の水を流す排水溝の丸い輪っかの部分にピンク色の汚れが出来ることがあります。
カビだと思う人が多いのですが、これは「ロドトルラ」という酵母菌の一種で、カビではないのです。

ただし、カビが発生するのと同じ場所にできるので、「このままだとカビも発生しちゃいますよ」
という予防のサインになります。
あと、残念ながら「掃除していません」というサインにもなってしまうのです。
なぜなら、このピンク色の汚れ、指でこするだけで簡単に取れます・・・・・。

と、まあー、話が少し専門的になってしまいましたが、
こんな時に「自分は本当に掃除が好きなんだな」という小さな誇りと
こんなプライベートの時にも考えてしまうなんて、「職業病だな」と自分でも呆れながら
席に戻ったのでした。