前回、「窓掃除の誤解」について書きました。

今回は、窓掃除の正解と手順をご紹介しますね。

 

窓掃除の正解は、最初に「汚れをきちんと取る」

それが大事」です。(そういう歌もありましたね。)

何はさておき、「汚れをきちんと取る」を覚えておいてください。

 

後の手順は、様々な手順がネット上でも紹介されていますので、自分に合ったものでいいと思います。

ここでは、私が行っている手順をご紹介しますので、参考にしてください。

  1. 濡れた雑巾で、水拭きをします。
  2. 雑巾を見て汚れがついていたら、他の面を使うなどして、汚れがつかなくなるまで繰り返します。
  3. 汚れが取れたら、乾いた雑巾で乾拭きをします。(洗面台の鏡と同じように、「光らせる気持ち」で拭いてください。)
  4. 「窓用洗剤」を使いたい方は、3の時にほんの少し「光らせる」」目的で「シュッ」とひとかけしても良いです。拭きムラが気になる方は、乾拭きだけでも十分だと思います。

ポイントは、1と2です。ここで、「汚れを取る」ことが窓ガラスを美しく見せるコツです。

あと、これは手順とは関係がないのですが、窓掃除は1枚の表と裏を行うだけで、まあまあ体力を使い、疲れます。ですので、一度に全部の窓掃除をやろうとしないで、何日かに分けて行うことをオススメします。

ぜひ、参考にしてくださいね。