今日は「掃除機をかける時に換気は必要か?」を考えてみたいと思います。

「掃除機をかける時に換気は必要」と思っている方は多いです。

そう思っている方と一緒に掃除をする機会があり、

たまたま窓を開けていなかったりすると、

すぐに「窓を開けて、換気して」と言われることはよくあることです。

窓を開ける時は、対角線上の窓を開けると風がよく流れて、換気ができます。

 

一方で、「掃除機をかける時に換気は不要」と思っている方もいます。

同じ部屋を長い間、掃除機をかけていると

「ホコリやゴミは特定の場所に集まる」ことがわかってきます。

例えば、机の下や部屋の角などです。掃除機をかける時は、

その特定の場所をかければ効率的に部屋を綺麗にすることができます。

ところが、掃除機をかける時に換気をしてしまうと、

せっかく特定の場所に集まっているホコリやゴミを

部屋中に撒き散らしてしまう可能性があります。もったいないですね。

 

現在、私は自宅で掃除機をかける時には、換気をしないで掃除機をかけます。

そして、掃除機をかけ終わってから窓を開け、

風の流れを作り、換気をしています。

ただし、「掃除機をかける時に換気は必要」と思っている方の気持ちも、

とてもわかります。換気をしないで掃除機をかけてい

ると、気分的になんとなくホコリっぽく感じたり、

口と鼻からホコリを吸い込んでいるのではないかという気がします。

どちらかと言うと、換気をして掃除機をかけている方が気持ちは良いです。

 

結局のところ、今のところは、実際に掃除をする人が

「換気をする」「換気をしない」を決めるのが良いと思っています。

個人的に掃除は「気持も大事」と思っているので、

掃除する人が「掃除機をかける時に換気は必要」と思ったら、

そうした方が良いです。もちろんその逆も。

あと、お客様が換気をご希望でしたらその通りにしますので、

ご安心下さいませ(笑)。