この仕事を始めた一番最初の頃、よく先輩から

「まだここに汚れ残っているでしょ。目で見て確認して」とか、

「ただ手を動かすだけじゃなくて、目で汚れがあるところを見て、手を動かして」

と教えてもらったものです。

今でこそ、とても大事なことだと、頭と体で理解していますが、当時はピンときてませんでした。

今考えると、「掃除は手を動かして行うもの」と決めつけていたし、

目を使う前に勝手に手が動いていました。

 

うちのスタッフも最初の新人研修では、ほぼ全員、「目」ではなく「手」で掃除を行っています。

私もそうだったので、気持ちはわかります。

たぶん、子供の頃からの長年の掃除経験が体に染み込んでいて、

どうしても手が先に動いてしまうのです。

なので、ここから研修で、「掃除は目で行う」ことが大事であることを伝えていきます。

 

先日、その中の一人のスタッフの掃除をしているところを見ました。

以前はできなかった「目」を使って掃除をしているところを見ることができて、成長しているなと

とても嬉しい気持ちになりました。

また、同時に「掃除は目で行う」を教えてくれた先輩たちの言葉を改めて思い出し、

原点を振り返ることができました。