シンプルデザインのスタッフには、

研修で必ず

「気がついた事はすぐやる」

「後でやるは忘れる」

を伝え、指導しています。

 

家事代行の仕事を始めた最初の頃に、

例えばこんな事があったからです。

雑巾で床の水拭きが終わって、すぐに水で洗う場所に

雑巾を持っていかないで、そのままそこに置いたままにする。

「後で、最後にかたづける時に持っていこう」と思って、

結局そのまま忘れてしまう・・・。

 

そういうのがいくつかあったので、それ以来研修で必ず指導しています。

人間忙しい時や次に何かやらなければいけない時は、どうしても

つい「後でやろう」と考えてしまいます。

 

今週私自身、仕事とプライベートでともに

「気がついた事はすぐやる」を実践し、

後で振り返った時に「あー、あの時すぐやっておいて良かったなー」

と思うことがありました。

正直なところ、その時の気持は「今やるのは、しんどいな。後にしようかな」

と負けそうになりました。

だから、スタッフが「後でやろう」という気持になってしまうのは、

自分自身の体験としても、とても良く分かります。

でも、それ以上に「気がついた事はすぐやる」ことによって、

リスクを防げたり、「先にやっておいて良かった」という体験があるので、

これからもシンプルデザインの重要なテーマとして伝えていこうと

改めて思いました。