「お風呂の排水溝の掃除はいつやればいいですか?」

研修で、シンプルデザインのスタッフからもよく質問があります。

 

スタッフから特に質問がない時に、いつやるのかなと見ていると、人それぞれに違いがあります。

浴室に入って一番最初にやる方、最後にやる方、なかには忘れてしまう方・・・・。

 

まずは、基本的なところからですが、お風呂の排水溝のお掃除は必ず行ってください。

髪の毛などがたまってきますし、汚れもたまってきます。また、それらが大量に集まると

水が流れにくくなり、排水溝が詰まってしまうこともありますので、お風呂掃除をする時は

必ず排水溝のお掃除も行ってください。

 

さて、「お風呂の排水溝の掃除はいつやればいいですか?」の答えとして、

おすすめは、「お風呂掃除の一番最後に行ってください」です。

理由は、排水溝以外のお風呂掃除をしている時に、髪の毛やその他のゴミなどが出てきて、

結局また排水溝にたまってしまうからです。

なので、順番としては、

  1. お掃除の一番最後に排水溝のお掃除をします。
  2. お風呂の外に、ティッシュとゴミ箱を用意しておいて、まずティッシュで排水溝にある髪の毛を取って、ゴミ箱に捨てると良いです。
  3. 髪の毛が集まるネットや、丸い筒のようなものなど、簡単に外せる部品は外して、きれいにお掃除をします。
  4. 部品を元に戻して、セットします。
  5. 仕上げに、もう一度浴室の床をシャワーで流します。この時、髪の毛などが残っていないか最終チェックします。
  6. 排水溝のネットに髪の毛があれば、ティッシュでサッと取ってしまいます。

5・6を行うのは、せっかくお風呂掃除をしたのに、最終チェックをしてなくてゴミなどが落ちていた場合、一番最初にお風呂に入る方の印象がよくないためです。

「そこまでしなくても」と思う方は、4迄でもOKです。

どちらにしても、お風呂の排水溝のお掃除は最後にやるのがオススメですよ。